「難聴」は音が聞こえなくなったり、聞こえにくくなったりする症状の事で、「耳鳴り」は常にキーンやジーと言った本人にしか聞こえない煩わしい音が聞こえる症状の事ですね。この二つの症状が同時に起こるとは、考えられないと思われるかもしれません。でも、耳に異常がある方の場合には、この難聴と耳鳴りの症状が一緒に起こっているケースがとても多いのです。私達の耳に音が聞こえる仕組みは、まず、外からの音が鼓膜を振動させ、聴覚器である蝸牛(かぎゅう)へと伝わります。そして、この蝸牛で音を電気信号へと変換して、脳へと送っているのです。もし、この音の電気信号を脳へ送っている蝸牛に何らかの異常が発生してしまうと、鼓膜からの音が伝わらなくなったり、脳への電気信号に余計な雑音まで付加してしまったりします。これが、難聴や耳鳴りと言った症状に繋がっていくのです。また、内耳の異常が原因となって、難聴と耳鳴りが起こっている場合には、めまいの症状も一緒に発症する可能性が高くなっています。それは、難聴と耳鳴りの原因となる蝸牛と、めまいの原因となる耳石器(じせきき)と三半規管(さんはんきかん)が狭い箇所に隣り合っている為、お互いが影響を受けやすい構造となっているからです。難聴は、音が聞こえづらいと言った軽い症状から始まるケースもありますので、発見が遅れてしまう可能性もあります。もし、耳鳴りやめまいと言った不快な症状を感じたら、その時には同時に難聴も起こっているかもしれませんので、すぐに耳鼻科を受診するようにしてくださいー